ドリーア・パンフィ-リ・ランディ家

パンフィーリ・ドーリア・ランディ家紋章.jpg
パンフィーリ・ドーリア・
ランディ家紋章
​パンフィーリ家
パンフィーリ家紋章.jpg

 パンフィーリ家はさかのぼること9世紀頃、グッビオGubbio(イタリア共和国ウンブリア州ペルージャ県)に誕生し、1461年フレデリック3世皇帝から神聖ローマ帝国伯爵の称号を得た。15世紀、教皇イノセント8世(1484–1492)の税務役人としてアントニオ・パンフィーリがローマにやって来た。

・1604年、ジローラモ・パンフィーリ枢機卿に任命

1644年、教皇イノセント10世に選出

・1644年、カミッロ・パンフィーリ 枢機卿に任命

・1647年、Francesco Maidalchini 枢機卿に任命

・1650年、Camillo Astalli-Pamphili 枢機卿に任命

・1681年、ベネデット・パンフィーリ 枢機卿に任命      教皇、枢機卿など多数輩出。 ドーリア・パンフィリ-・ランディ家としても 数名の枢機卿を輩出している。

​ランディ家
アルドブランディーニ家
アルドブランディーニ家紋章.jpg

 アルドブランディーニ家は、フィレンツェ出身のイタリアの貴族で、現在はローマに居住している。 アルドブランディーニ家出身の本名イッポリト・アルドブランディーニが教皇クレメンス8世(在位,1592年-1605年)のとき、ローマに財産を築いた。彼はアルドブランディーニ家とパンフィリ家を結婚で結びつけ、さらにファルネーゼ家、ボルゲーゼ家などとも同様に結びつけた。

.教皇クレメンス8世詳細jpg.jpg

教皇クレメンス8世(本名イッポリト・アルドブランディーニ)

1536-1605

ランディ家紋章.jpg

 ランディ家はイタリア北部ピアチェンツァ出身の貴族。1551年から1582年まで、当時は教皇領であったヴァル・ディ・タロ(現在パルマ県)の君主でした。ランディ家、単独として最後、マリア・ポリセナ・ランディがランディ家を相続した。

                            マリア・ポリセナ・ランディ

マリア・ポリセナ・ランディ.jpg
​パンフィーリ家
​ドーリア家
ドーリア家紋章.jpg

セバスティアーノ・デル・ピオンボ画"アンドレア・ドーリア像"

アンドレア・ランディ・詳細.jpg

 ドーリア家とはイタリアの港町ジェノヴァの名門貴族。 ドーリア家は船も乗組員も含めて各国の王侯貴族たちに雇われて戦う集団、海の傭兵隊長の一族。中でも「地中海の鮫」と仇名されたアンドレア・ドーリアは海賊退治のために結成されたキリスト教連合艦隊の海軍総司令官、海賊との戦いに85歳まで第一線に立っていた。このイタリア海軍史上屈指の海将は、現在もイタリア海軍の巡洋艦の船腹に大きく「アンドレア・ドーリア」と記されている。                                                                                                                                             

アントニオ

パンフィーリ

?-1485

​ランディ家
​ドーリア家

Pamphilio

Pamphili

1495-1563

​?

ジロ-ラモ

パンフィ-リ

1545-1610

Camillo

Pamphili 

1539-1601

Maria Flaminia Cancellieri del Bufalo 

アンドレア・ランディ・詳細.jpg

1466- 1560

アンドレア・ドーリア     Andrea Doria    

ジョバンニ・アンドレア・ドーリア2世Giovanni Andrea II Doria 

マリア・ポリセナ

・ランディ 

Maria

Polissena Landi 

1608-1679

1607-1640

Pamphilio

Pamphili

オリンピア・マイダルキーニ

教皇インノケンティウス10世 (Giovanni Battista Pamphili)

1594 - 1657

1563-1639

教皇インノケンティウス10世(顔).jpg
Olimpia Maidalchini Pamphilj詳細 .jpg

1574-1655

在位:1644年 - 1655年

アルドブランディーニ家
​1647年再婚

アンドレア・ドーリア・ランディ3世  Andrea III Doria Landi 

Giovanni

Battista 

Pamphili       

1648 – 1709

Girolamo Pamphili  

1678-1760

カミッロ パンフィーリCamillo Pamphili

1622 – 1666

Camillo Pamphilj 詳細.jpg

オリンピア・アルドブランディーニ

Olimpia Aldobrandini

 1623 – 1681

.Olimpia Aldobrandini詳細jpg.jpg

1760年 Girolamo Pamphili の死去に伴いパンフィーリ家の

ローマ分家の断絶

1628-1654

ドーリア家と

ランディ家の統合

パンフィーリ家とアルドブランディーニ家の統合 

ベネデット・パンフィーリ Benedetto Pamphili

ジョバンニ・バティスタ・パンフィーリ・アルドブランディーニ 

Giovanni Battista Pamphilj Aldobrandini

アンナ・パンフィーリ     Anna Pamphilj        

ジョバンニ・アンドレア・ドーリア・

ランディ3世 Giovanni Andrea III Doria Landi 

1653-1730

1648 – 1709

1652–1728

アンナ パンフィーリ.jpg

1653-1737

ジョバンニ・アンドレア・ドーリア4世Giovanni Andrea IV Doria-Landi

1763年、ジョバンニ・アンドレア4世はドリーア・パンフィ-リ・ランディ家と命名した。 

1705-1764

ベネデット・パンフィーリ詳細.jpg
.Giovanni Battista Pamphilj Aldobrandini
アンドレア4世・ドーリア・パンフィーリ・ランディ詳細.jpg

アンドレア4世ドーリア・

パンフィーリ・ランディ Andrea IV Doria-Pamphilj-Landi 

1747-1820

Frank Pogson and Princess Orietta Doria.

 1767年、アンドレア4世の結婚と共に、ジェノヴァからドリーア・パンフィーリ宮殿(ローマ)に移転した。

フランク・ポグソンFrank Pogson (元イギリス海軍フリゲート艦司令官)

オリエッタ・ドリーア・パンフィーリ・ランディ王女 Princess Orietta Doria Pamphili Landi 

1922-2000

​養子縁組

 2000年にオリエッタが亡くなった後、血縁が途絶えた。その後、養子縁組した2人が資産を引き継ぎ、現在も同宮殿(美術館)に住んでいる。 

ジョナサン・ポール・アンドリュー・ポグソン・ドリア・パンフィリJonathan Paul Andrew Pogson Doria Pamphilj

ジョナサン・ポール・アンドリュー・ポグソン・ドリア・パンフィリJonathan Paul Andrew Pogson Doria Pamphilj

1963-

Jonathan Pamphilj and Gesine Doria .jpg

1964-

この資産は 1,300億円相当と言われ、現在、財産をめぐる争いがある。

​注:紋章、肖像画は、Wikipedia、パンフィーリ・ドーリア宮殿公式ホームページなどにより借用した。